Now Loading...

社外問題

調査料金

時間制プラン
調査内容:
尾行・追跡及び張り込み等による高度な証拠収集価格:70,000円/日(5時間以内)・120,000円/日(10時間以内)
備考:車両費等基本経費込み、写真入り報告書込み(証拠資料)
※期間によっては上記金額より値引き致します。
また、長期の調査は別途お見積りをさせて頂きます。

取引先トラブル

弊社にご依頼がある取引先とのトラブルの例で数を占めるのは、債務不履行のトラブルです。
代金の未払いが続く、商品が届かない等、自社にとって不利益な状態にあると思料される取引先の内情を調査します。
「取引先は経営が不安定な為、債務不履行に陥っているのか?」
「今現在、営業や工場などは稼働しているのか?」
取引先の現状を把握すれば、債務不履行の原因が視えてきます。

又、取引している外注先に不正がないか?契約通リの業務をしているか?食品偽装・廃棄偽装などは近年社会で注目されています、1つ間違えば発注元の責任を問われかねません。定期調査で事実確認対策が企業防衛の手段となります。

競合調査

アジア危機管理リサーチが謳う「競合調査」とは、データ調査や財務分析ではありません。
「競合がどこに営業をかけているのか?」
「競合が使用している工場や倉庫はどこか?」
「競合はどのようなルートで配達、収集しているのか?
など、弊社の調査員が実際に目で見て場所やルートを確認する調査です。
データの分析とは違い推測や予想ではない為、得られた情報は至極有益なものとなるはずです。
業種によって得られると有益となるポイントは異なる為、打ち合わせの上、調査方法を決定していきます。

外的圧力

社員や元社員との労使トラブルや企業間取引の中で発生した様々なトラブルが発生した場合。
不良団体や問題企業から不法な交渉や要求をされる事案が急増しています。
弊社ではトラブルになった相手の背後関係や実態調査をし、刑事・民事に関わらず様々な案件に特化した弁護士・社会保険労務士等のチームでサポートいたします。