Now Loading...

残業代未払い請求 対策➀ 

やめた社員が・・・会社を訴えてきた

残業代未払い請求の訴訟は年々増加の一途を辿っています。

弊社の契約企業内でも現在NO1の案件です。

残業代はもちろん正規に支払うべき賃金ではありますが、

現実問題すべての勤務時間に対し残業とみなしてしまえば

多くの中小企業は破綻する事になると考えます。

又、不正に割増された労働時間やさぼり行為・業務怠慢行為

があったにも関わらず、それを棚に上げ悪意の訴訟もいくつも

あります。

悪意ある残業代未払い請求に対しは様々な対策や対処方があります。

まずは①就業規則及び労使協定書の見直し

就業規則・労使協定書が無い、又は労基署に届け出が行われていない

となれは、労働者側から訴えを起こされればほぼ99%負けてします

まずは、現在の労働環境や労働条件。経営状態に合わせた就業規則を

作成する事が必要です、続きは②で

就業規則に不安があればご相談ください

弊社では、電話見積及び調査料金の提示をHP上でも行うとともに
自動見積サービスを行っている為、自動見積にて明確な料金提示を行っており
実際に自動見積のの見積書通りに行うことが出来ます。
内部通報サービス 法人危機管理は株式会社アジア危機管理サービス http://ajiakikikanri.com/
社員の不正・さぼり・横領背任調査・情報収集はアジア危機管理リサーチ
(株)TITAN 法人向け調査サービス アジア危機管理リサーチ http://titan-ts.net/