Now Loading...

組織での不正

個人ではなく組織で行われる不正背任

事業の形態や戦略によって、本社機能だけではなく「営業所」を

数多く設置し事業販路拡大を行う、企業が多くあります。

その「営業所」が多くなれば多くなる程、組織管理が難しくなり

危機管理システムが求められます。

調査事例

リフォーム業の企業様より、「年々売り上げが低下している

営業の営業職がさぼっている可能性があるので調べてほしい」

とのご依頼を受け調査を実施しましたが、行動調査に於いて

サボり・怠慢行為は見受けられず。2名の営業マンの

行動調査報告書をクライアントに報告した

所、営業マンが

複数回接触している人物がライバル企業である事が判明。

営業マンの訪問した一般宅を再度調査した所、他社による

2件の「リフォーム工事中」を発見。

直ぐに、営業マンを呼び出し問いただしたところ、

自己判断ではなく「上司からの指示」である事が判明しました。

その後は、弁護士・社労士と共に法的処置を実施しました。

内部通報サービス 法人危機管理は株式会社アジア危機管理サービス

社員の不正・さぼり・横領背任調査・情報収集はアジア危機管理リサーチ

(株)TITAN 法人向け調査サービス アジア危機管理リサーチ https://titan-ts.net/